鼻の病気|もり耳鼻咽喉科クリニック | 大阪府高槻市 | 鼻炎 ちくのう症 鼻出血

もり耳鼻咽喉科クリニック

鼻の病気

鼻が何らかの病気に罹ると、吸い込んだ空気が浄化されなくなったり、口呼吸をするようになったりします。するとウイルスや細菌がのどや肺に直接入り込んでしまい、様々な悪影響がもたらされます。

こんな鼻の症状はご相談ください

  • くしゃみ
  • 鼻みず
  • 鼻づまり
  • 鼻が痒い
  • 匂いがわからない
  • 鼻や頬が痛む
  • 鼻血
  • いびき など

アレルギー性鼻炎

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質、アレルゲンを吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。通年性アレルギー性鼻炎の原因はハウスダスト、ペットの毛やフケ、カビも原因となります。スギ花粉やヒノキ花粉などが原因となる花粉症もアレルギー性鼻炎の一種です。
アレルギー性鼻炎の症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。通年性では、一年を通してそうした症状が続き、季節性では毎年決まった季節(特に2~4月)に症状を起こします。
アレルギー性鼻炎の症状を軽くするにはアレルギーの元にできるだけ触れないように工夫することが肝心です。その上で、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)

急性副鼻腔炎が治り切らずに慢性化したものを慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と言います。慢性化するのは、鼻と副鼻腔をつないでいる小さな穴が、細菌感染による粘膜の腫れによって閉じてしまい、副鼻腔に溜まった膿が鼻腔へと排泄されにくくなるからです。
粘り気のある鼻水が絶えず出てきて鼻がつまり、鼻呼吸がしにくくなります。通常、症状は両側に現れます。そのほか、鼻汁が喉にまわる(後鼻漏)、においがわからない、頭痛、顔面の痛みなどの症状が見られます。

慢性副鼻腔炎の検査

内視鏡を用いて、鼻の粘膜を直接観察すしたり、X線検査や、必要に応じてCT検査が行われます。

慢性副鼻腔炎の治療

抗菌薬を投与します。場合によっては、鼻洗浄が行われます。薬物療法の効果が乏しい場合は、内視鏡による手術を検討します。

鼻出血

鼻、特に鼻腔からの出血のことです。正式には「鼻出血」と呼びます。鼻の中をよく観察し、どこから出血しているのかを確認します。鼻の奥からの出血の場合、鼻腔用ファイバーを用いて出血部位を確認します。血液検査などを行うケースもあります。
止血方法:鼻出血の大半は「キーゼルバッハ部位」という場所からのものです。キーゼルバッハ部位は、鼻に指を少し入れた時に指先が内側(鼻中隔)に触れる部分です。ここは薄い粘膜でできているうえ、たくさんの毛細血管が網の目のように走っているので、ちょっと傷がついただけで出血をきたします。この出血を止めるには、親指と人差し指で小鼻をつまんで圧迫するのが、簡単かつ効果的です。
鼻血が命にかかわるようなことはまずありませんが、出血がなかなか止まらなかったり、出血量が多かったりした場合、また鼻血を頻繁に繰り返すようなら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

※成人の鼻血の原因で、たいへん多いのが高血圧です。高血圧は、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる疾患の危険因子でもありますので、生活改善や薬物療法による血圧コントロールが欠かせません。

TOP