花粉症|もり耳鼻咽喉科クリニック | 大阪府高槻市 |アレルギー性鼻炎 花粉症治療

もり耳鼻咽喉科クリニック

花粉症

現在、日本人の約5人に1人が花粉症と言われ、もはや国民病の観さえ呈しています。
その原因としては食生活や住環境の変化によりアレルギー体質の人が増えていることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)の影響など、様々な要因が考えられていますが、通説的には戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超え、花粉の量が著しく増加しているのが主な原因とみられています。
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、植物の花粉が原因となって、立て続けのくしゃみや鼻みず、鼻づまり、目の痒み、目の充血、涙などの諸症状が起こってきます。
アレルギーを引き起こす植物としてはスギやヒノキの花粉が代表的ですが、これら以外にもイネ科のカモガヤやハルガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類が知られています。

花粉症の治療

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前にアレルギーの原因を特定することで症状を起こりにくくすることが可能です。
アレルギー検査では、問診や鼻鏡検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲン(アレルギー症状を引き起こしている原因物質)を特定します。そうした上で治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)および薬物療法を中心に進めていきます。
治療法には、主に以下のような方法があります。

内服薬

花粉の飛散が開始する2週間前(症状の出る前)から飲み始めます。症状が現れてから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻みず、くしゃみ症状が強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が高く、副作用が少ないため、鼻づまりなどの症状が強い人では、内服薬に併用して局所スプレーを用います。

TOP