耳の病気|もり耳鼻咽喉科クリニック | 大阪府高槻市 | 中耳炎 耳鳴 難聴

もり耳鼻咽喉科クリニック

耳の病気

耳は音を聞くだけでなく体の平衡感覚を司っている半規管と連結している大切な感覚器官です。中耳炎や耳鳴、難聴など耳の異常を感じたときはお早めにご相談ください。

こんな耳の症状はご相談ください

  • 耳が痛い
  • 耳が痒い
  • 耳だれが出る
  • 耳垢がたまっている
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳鳴りがする
  • 聞こえが悪い など

中耳炎

中耳炎とは中耳に炎症が起こった病態で、主に急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、および真珠腫性中耳炎の4種類があります。

急性中耳炎

最もよく見られる中耳炎で、耳管の未発達な乳幼児に多いのですが、大人にもみられます。中耳(鼓膜の奥にある小空間)に、主に細菌やウイルスが入り込み、急性の炎症が生じて膿が溜まります。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間部位)に、滲出液(炎症のために周囲の組織からしみ出た液体)が貯留する疾患です。

慢性中耳炎

慢性(化膿性)中耳炎とは、急性中耳炎などが治り切らずに、鼓膜に穴が開いたままになっている状態です。鼓膜はもともと再生力の強い組織ですから、開いた穴の多くは自然閉鎖しますが、炎症が長い期間続いたような場合には、閉じないことがあるのです。

真珠腫性中耳炎

鼓膜の一部がへこんで、そのポケットに耳垢が入り込んで増殖してかたまり(真珠腫)になります。さらに、そのかたまりに感染が生じると特殊な酵素が産生されて、周囲の骨を溶かしながら病状が進行していきます。

耳鳴り

周囲に音が出ていないのに、音がしているように感じます。音の種類は「ピー」「キーン」「ジー」「ザー」「ゴー」など、千差万別です。検査上は正常でも、耳鳴りを訴えるケースがあります。過労やストレスなどによっても耳鳴りは強くなったり、弱くなったりする場合もあります。
また、突然起こった耳鳴りには特に注意が必要で、メニエール病や突発性難聴などが原因になっている可能性があります。

耳鳴りの治療

耳鳴りという症状は経過が長きに及ぶケースが少なくありません。根気よく治療を続ける心構えが大切になります。耳鳴りの主な治療には、原因療法、抑圧療法、および心理療法などがあります。

原因療法
耳鳴りの原因が明確な場合に行われます。中耳炎が原因なら中耳炎の治療を、メニエール病や突発性難聴が原因なら、メニエール病や突発性難聴の治療をそれぞれ行います。
抑圧療法
いろいろな手段を使って耳鳴りを封じ込め、意識しないようにする方法です。その手段としては、精神安定薬や鎮静薬、抗けいれん薬、漢方薬を用いる、雑音で耳鳴りを遮蔽する(マスカー療法)、個人の聴力に合った雑音を用いて耳鳴りが気にならなくなるように訓練する(TRT療法)、などの方法があります。
心理療法
カウンセリング、バイオフィードバック(筋肉の緊張度を色や音などを用いて示すことにより、緊張を緩める訓練をする治療法)、自律訓練法などによって耳鳴りを自分でコントロールする方法です。

難聴

難聴とは聴覚が低下した状態のことで、伝音難聴、感音難聴、および突発性難聴などがあります。

伝音難聴

外耳または中耳の異常により生じた難聴のことです。中耳炎などが原因で起こるケースと、耳小骨の奇形など、先天的な原因で起こるケースがあります。治療により治る可能性の高いタイプの難聴です。手術や薬物療法、補聴器などの治療法があります。

感音難聴

内耳、または聴神経の異常によって生じる難聴です。遺伝性、または胎児期における発達異常の先天的な原因による先天性難聴と、加齢、外傷、強大な騒音、髄膜炎、聴神経にできた腫瘍など、様々な原因の後天性難聴があります。症状としては音の内容を把握できなくなり、言葉が聞き取れないようになったりします。難聴の程度により治療法は変わってきますが、補聴器の使用、人工内耳の装用などの方法があります。

突発性難聴

急激に発症する感音難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と呼んでいます。早く治療を開始すれば聴力が回復する可能性が高いので、とにかく早期に治療することが大切です。症状としては、突然に耳が聞こえなくなると同時に、耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気を生じることもあります。突発性難聴の発症前には精神的・肉体的疲労やストレスを感じていることが多く、心身ともに安静にして、ストレスを解消することが肝心です。突発性難聴の治療法は発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断し、治療法を決定していくことになります。

TOP