めまい|もり耳鼻咽喉科クリニック | 大阪府高槻市 | めまい症 メニエール病

もり耳鼻咽喉科クリニック

めまい

めまいの原因と言うと、一般の方では脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などの脳疾患ですとか、高血圧・低血圧などの血圧異常、または貧血などを思い浮かべることでしょう。しかし実際には、耳に原因があって起こるめまいが多いことは意外と知られていないようです。
そのために患者様の多くはまず内科や神経内科、脳神経外科などを訪れ、脳および内科的に異常が無いということで、耳鼻咽喉科へと紹介されることがよくあります。
耳鼻咽喉科には、めまいを主として扱う神経耳科という専門領域があり、脳疾患とか循環器疾患も含め、めまいを起こす病気の原因やその程度を総合的に診断します。

めまいを起こす疾患

良性発作性頭位めまい症

寝返りを打った時、頭を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時など特定の頭の位置の変化により出現するめまいです。ぐるぐる目が回る感覚が強いため、恐怖感や不安感、吐き気を伴ったりしますが、聴覚トラブルはありません。
耳を原因とするめまいのなかで最も発症数が多いものの、比較的治りやすい疾患です。
内耳にある耳石器(頭や体の傾き具合を感知する器官)から耳石(炭酸カルシウムの結晶から成る組織)が剥がれ、三半規管の中に入り込むことによって発症すると考えられています。

メニエール病

メニエール病は、めまいを起こす疾患の代表であり、特徴的な症状を呈します。めまいの発作時に片側の耳鳴り、耳閉感、難聴が一緒に起こり、めまいが消える頃には、それらの症状も軽快・消失します。厄介なことに、この病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が残ることがあります。発作の無い時は、無症状となります。
内リンパ水腫といって、内耳における内リンパ液圧の上昇が原因と言われています。

突発性難聴

メニエール病によく似ていますが、発作がただの1回であることや、めまいが治まっても耳鳴りや難聴が残ってしまう点が異なります。この病気の原因は「聞こえ」を司る神経へのウイルス感染とか、内耳の血管の血栓(血のかたまり)などが考えられています。
メニエール病と同様、両方の耳に発症することは稀です。早く治療を開始すれば聴力が回復する可能性が高いので、とにかく早期に治療することが大切です。

慢性中耳炎

慢性中耳炎が内耳にまで及ぶと内耳炎を併発し、めまいを引き起こします。

聴神経腫瘍

片側の耳鳴り、難聴が徐々に悪化し、ふらつき、頭痛、顔が曲がるなどして(顔面神経麻痺)、初めて診断されるケースが多く見受けられます。
精密な聴力検査やめまい検査、耳のX線検査やCTスキャン、MRIを行うことによって診断がつきます。

脳循環障害(椎骨脳底動脈循環不全症)

脳の血流が不足して、めまいに関係する小脳、脳幹の機能が悪くなることによって起こります。めまいのほかに舌がもつれる、物が二重に見える、手足がしびれるなどの症状が生じることもあります。激しい頭痛や意識不明などの症状があれば、脳出血が疑われます。
※上表のほかに、脳腫瘍、頭部外傷、薬物による内耳障害、起立性調節障害、過呼吸症候群、心因などが原因となって起こるめまいもあります。

めまいの検査

聴覚検査

聴力検査、内耳機能検査、耳小骨筋反射、聴性誘発反応検査(ABR) など

平衡機能検査

眼振検査、赤外線CCDカメラ下眼振(特殊な目の震え)検査、画像診断 など
*CT、MRIが必要な場合は、連携医療機関に撮影を依頼します。

めまいの治療

めまいの発作中は、しばらく安静にします。強い頭痛や意識の消失が無い限り、多くは命に別状が無いので、まずは慌てずに気を落ち着かせ、楽な姿勢をとりましょう。
めまいが治まったら、早めに専門医を受診してください。内服薬(抗めまい薬、循環改善薬、浸透圧利尿剤など)で発作の再発防止に努めます。
めまいで手術的治療が必要となる病気には、メニエール病、外リンパ瘻(ろう)、聴神経腫瘍などがあります。
特にメニエール病では、めまい発作が長期にわたって頻繁に起こり、聴力が元に戻ることなく悪化し、内服薬による治療が効果の無い症例や、両側にわたるメニエール病では、手術(内リンパ嚢開放術)を検討します。
なお治療にあたっては、必要に応じて脳神経外科や神経内科、整形外科などをご紹介する場合もあります。

TOP